【めっちゃ簡単】WPプラグイン「Rinker」の導入の仕方と使い方

Blog
SPONSORED LINK

ども!フツメンブロガーの尤稀(@cassis_no_13)です!

ワードプレスの商品リンク管理プラグイン「Rinker」が便利過ぎたので導入の仕方と使い方を黙示録していきたいと思います。

このプラグインを知ったのはツイッターのTLを眺めていてたまたま見つけました。

SNSさまさまです。このプラグインしらないときはカエレバというサイトから商品リンクを作成していました。

カエレバも便利です。多分両方使っていくと思います。

SPONSORED LINK

Rinkerとは

ワードプレスの商品リンク管理プラグイン。

管理画面上での商品の検索や、投稿画面での商品検索も出来る優れもの。

このプラグインを利用するにはアマゾンのアソシエイトプログラムに登録しなければなりません(アマゾンの審査あり)。

ダウンロード&ワードプレスに導入

公式サイトからダウンロードリンク(Rinkerベーシック)があります。

商品リンク管理プラグインRinker(リンカー)の公式サイト
目次Rinker(リンカー)とは?Rinkerの特徴利用規約利用環境についてライセンスについてサポートについて今後追加の機能について免責事項ダウンロードRinker謝辞 ブログを書くとき「今より楽に商品のリンクをはりたい ...

※Rinker公式サイトでこの記事がリンクされました!

rinkerダウンロードページ

無料ダウンロードをクリック

ダウンロードサイトはBOOTHというサイトでpixiv IDが必要になります。

登録していなかったので「pixiv IDを作ってログイン」を押して作成しました。

pixivログイン

ログインまたは作成してログインします

メールアドレスとパスワードを設定後、ニックネームと生年月日の入力があります(スクショ撮り忘れorz)。

ログイン完了後にダウンロード出来るようになります。

ダウンロードしたzipファイルをそのままワードプレスのプラグイン⇒新規追加のプラグインを追加の項目からアップロードしましょう。

アップデートが成功したらインストールプラグインのところからRinkerを有効化します。

初期設定

サイドバーからrinker設定へ

設定からRinker設定へ

管理画面のサイドバーにある設定の項目から「Rinker設定」をさがしてクリック。

アマゾンAPIとトラッキングIDの設定

アマゾンAPIとトラッキングIDの設定

アマゾンのAPIの設定とアソシエイツのトラッキングIDが必要です。

※これを取得するには、アマゾンアソシエイトプログラムの登録が必要になります。

画像に乗っている「Amazon Product Advertising APIの認証キーを取得」からアマゾンにログインし、サイトからAPIを発行します。

認証情報を追加する

認証情報を追加するをクリックしてAPIキーを発行

画面に表示されている

  • アクセスキー
  • シークレットキー

をコピーします。

アクセスキーとシークレットキー

アクセスキーとシークレットキーをコピー

コピーする前にページ移動してしまうとAPIの再生成をしないといけなくなるので注意。

間違いないか確認するまでアマゾンのページは開いておきましょう。

コピーしたらRinker設定の

  • アクセスキーIDにアクセスキー
  • シークレットキーにシークレットキー

を入力。

次にアソシエイツのトラッキングIDを設定します。

トラッキングIDの管理」から選択中のトラッキングIDをコピー。

トラッキングIDを取得

トラッキングIDを取得

コピーしたらRinker設定のトラッキングIDに入力。

ここで心配性の方は一旦保存しましょう。

楽天アフェリエイトの設定とYahooショッピングの設定を登録している場合はしましょう。

楽天アフィリエイトとYahooショッピングの設定

楽天アフィリエイトとYahooショッピングの設定

その後に出てくるもしもアフェリエイトに登録している方は入力しなくても大丈夫です。

もしもアフィリエイトで

  • AmazonID
  • 楽天ID
  • YahooショッピングID

の提携をしている方は設定してもしもリンク優先ショップにチェック。

google analyticsのトラッキングをしたい場合はチェック。

もしもアフィリエイトの設定

もしもアフィリエイトの設定

変更を保存したら設定完了です。お疲れ様でした。

商品検索

ここからようやくRinkerの本領が発揮です。

サイドバーの「商品リンク」の新規追加をクリック。

商品リンクの新規作成

商品リンクの新規作成をクリック

商品情報を取得をクリックして探したい商品を検索します。

商品情報を取得をクリック

商品情報を取得をクリック

ここでエラーが出ることがあります。

【エラー】アクセスキーIDが合いません。[設定]-[[Rinker設定]-[Amazon][API][アクセスキーID]を正しいものに設定してください。 InvalidClientTokenId

上記のエラーが出たらRinker設定のアクセスキーIDの確認をしましょう。

もう一つが

【エラー】リクエスト回数が多すぎます。 RequestThrottled

です。これは商品が絞り込めず検索結果が多い場合に出てるようです。

「ノートパソコン」だけで検索するとこのエラーが出てきました。

商品を検索

紹介したい商品を検索しよう

商品を扱ってる店舗名や商品名などを入れてもう少し詳細に検索しましょう。

検索結果が出てきます

商品リンクを追加をクリック

扱いたい商品の「商品リンクを追加」を押すと色々反映されます。

ここで商品をリンクしたくないURL部分を削除すると出なくなります。

商品情報が反映される

商品情報が反映されます

確認を終えたら公開を押して、早速ショートコードを貼ってプレビューで見てみましょう。

反映されてると思います。

無事でた方はおめでとうございます。後はバンバン紹介しましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

とても使いやすいプラグインです。

ただAMPにはまだ対応していないとのことなのでAMP設定しているページにはエラー又はデザイン崩れが出る可能性があるので不安な人は置かないようにしましょう。テーマでAMP設定の制御できる場合は導入ページにAMP生成しないようにしましょう。

自分の利用しているCocoonはAMP設定が出来ますので興味のある方はワードプレスのテーマCocoon(コクーン)の魅力がハンパないをご覧ください。

Rinker制作者のやよいさん(@oyayoi19)には感謝です。素敵なプラグインをありがとうございます。

コメント